「未分類」の記事一覧

アンチタックスを使ってむくみ対策しています

わたしはずっと立ち仕事が主で、足のむくみ加減が夕方になると半端ないほど重く感じるようになり、歩く時も痛みを感じていたので、なんとかして回線したいと考えるようになり、アンチスタックスを飲むことにしました。

赤ブドウ葉乾燥純エキス配合のアンチスタックスは、サプリですし、薬ではないので安心して長く続けることができます。(編集部注、アンチスタックスは医薬品です。)

エスエス製薬から販売されている商品で、アンチスタックスの臨床試験結果も公式サイトに公表されているので、飲んだあとの効果なども事前に確認することができました。

足の重さや疲れ、だるさなど普段から感じていましたし、病院では静脈の血管の滞りが原因でふくらはぎがふくらんでいるとの指摘もあったので、アンチスタックスを飲んでいると次第にむくみに対し効果を実感できるようになるだろうと感じるようになりました。

静脈還流障害があるといずれ手術をしないといけませんし、それは避けたいと思い、アンチスタックスを飲んで早い段階から対策することにしました。

アンチスタックスは1日1回2カプセルで済むので、うっかり飲み忘れることもなく、スムーズな流れでできるのは、なかなか便利です。

朝食時に2カプセル摂取するようにしているので、続けることも簡単ですし、1日1回で済むのはなかなか便利で良いです。

アンチスタックスは、苦味などもなく2カプセルのみでよいですし、足のふくらはぎの痛みなど次第に解消されてきたので、毎日快適に過ごせるようになりました。

夕方になると足に痛みが出たり、静脈がくっきりと浮き出てくることもありましたが、そういう症状もだいぶアンチスタックスを飲み始めてから軽減されたので安心できるようになり、毎日快適に過ごしています。

(神奈川県、らんママさん)




サプリメントのスイカデトックスナビでむくみ解消

サプリメントがここまでむくみ解消効果があると思いませんでした。

今の私はサプリメントのおかげで、むくみが解消できたのです。

それはむくみサプリメントの、スイカデトックスナビです。

熊本県のスイカを使ったサプリメントです。

スカイに入っている成分でシトルリンというものがあります。

このシトルリンが、尿の量を増やして排尿を促す作用をもっているのです。

確かに私はトイレに行く回数がとても少ないみたいです。

汗もあまりかかないです。

それがいけなかったのでしょう。

むくみがひどい時には、トイレに行って汗もいっぱいかかないといけないのです。

それができていなかったのです。

これまで大好きなミニスカートだって履く事もできませんでした。

それもむくみのせいです。

こんな太くなった足を、出す事なんてできなかったのです。

でもこのスイカデトックスナビのおかげで、今はミニスカートだって履けるようになったのです。

サプリメントできれいになったみたいです。

便秘もひどくて、三日四日お通じがないのは当たり前の事だったのです。

でもサプリメントのおかげで、お通じが毎日あるのです。

気づいたら便秘も解消されていました。

むくみがなくなってきたのも、この頃だったのです。

トイレに行く回数もみるみる増えました。

毎日規則正しい生活を心がけるようになったのです。

それもむくみ解消の一歩だったと思います。

足だけじゃなくて顔のむくみもとれてきました。

人よりも顔が大きいと思っていましたが、それはむくんでいたからだったのです。

毎日サプリメントを飲む事が日課になっていました。

それからはもう体全身がむくむ事もなくなってきたのです。

鏡を見るたびとても嬉しくなりました。

こんな簡単な事で、むくみが解消できたのです。

(三重県 なっつさん)




深刻なむくみ改善には病院でお薬を処方してもらう方がいいと思います。

朝起きたら顔がむくむ。

仕事が終わる頃には足がむくんでパンパン。

このようなむくみの症状は誰でも経験したことがあると思います。

長時間立っていたり、長時間同じ姿勢で作業をしたりすると誰でもむくみます。

しかし、むくみは浮腫と言って、原因や重症度によっては治療が必要になる病気の一つです。

朝はむくんでいないけれど、夕方になるとむくむという場合は、医療機関を受診しても、「問題ありません。」と言われることの方が多いと思います。

むくみとは、簡単に言うと、余分な水分が蓄積されて起こりますが、ふくらはぎなど常に地面に垂直である部分は重力に逆らって血液が流れるため循環が悪く、水分が溜まるということは医者に言わせればしょうがないことなのです。

こういったむくみは体勢を変えたり、横になったり、足を上げてみたりすると大抵は解消されます。

しかし、常にむくんでいる場合や、何をしてもむくみが解消されない場合にはお薬を試してみることをおすすめします。

むくみを取るには、余分な水分を体外に排泄しなければなりません。

ですので、水分を外に排泄しようとする作用のある「利尿剤」というお薬が効きます。

利尿剤には、フロセミド、ラシックス、サムスカなどたくさんの種類がありますし素人の判断ではどのお薬が適しているのか判断することはできません。

また、このようなお薬は医師の処方なしでは服用できないため、必ず医療機関を受診する必要があります。

サプリメントにも同様の作用が期待できるものもありますが、心配なのは副作用です。

市販のサプリメントを購入した方が楽で良いと思うかもしれませんが、血液検査をしながらミネラルバランスを見たうえで使用するわけではないため、知らない間に過剰摂取になり腎臓や心臓の機能が低下してしまうケースもあります。

そして、ほとんどがそういった重篤な副作用に繋がらないように、医師が処方するお薬と同じ成分が含まれていたとしても、配合量が少なくなっています。

つまり、むくみ解消の効果が低いということです。

より安全に、確実に深刻なむくみを解消するには、お薬を処方してもらうのが最善策ではないでしょうか。

(奈良県 ayayumeさん)




私のむくみ解消法は無駄な老廃物は排出し代謝を上げることです。

私のむくみ解消法は、無駄な老廃物を徹底的に排出し代謝を上げる習慣をつくることです。

とはいっても、難しいことやお金がかかることは続かないので、日々の生活の中で習慣的にできるむくみ解消法だけ実行しています。

ミネラルウォーターをたくさん飲む

まず、無駄な老廃物を排出するために、ミネラルウォーターをたくさん飲みます。

朝起きたとき、仕事中、昼食時、仕事中、夕食時、入浴前、入浴後、これだけでも1日2リットルは軽く摂取できます。

水分を多く摂取することで、暑いときは汗がたくさん出ますし、涼しいときはトイレに何度も行きます。

水分はたくさん接種しますが、アルコール、糖分の多い飲み物は一切摂取しません。

体を冷やさないこと

体の冷えはむくみだけでなく、腰痛にもつながりやすいため足元・お腹周りは冷やさないようにしています。

夏場でもエアコンの効いた空間では温かい飲み物を摂取するようにしています。

体を締め付ける服は着ないこと

また、体を締め付けることで下着や洋服の跡が残りむくみやすくなるため体にフィットする下着や洋服を着用しるようにしています。

半身浴

それでもむくんでしまったときは、お風呂に岩塩をたっぷり入れ1時間以上半身浴を行います。

半身浴中にたっぷり汗をかけるように、ミネラルウォーターをお風呂に持っていき飲みながら入浴しています。

寝る時は足を高くして寝る

また、寝るときに足を心臓の位置より高くして寝ることでむくみを解消することもできます。

どのむくみ解消法も、お金をかけずに簡単できる方法なので、むくみにお悩みの方は試していただけるといいかと思います。

(沖縄県 りんごさん)




むくみは体が冷えるとなりやすい

むくみ(下半身太り)は体が冷えているサインです。

体の冷えを解決すればむくみに悩むことはなくなります。

冷えの原因として現代の女性にありがちなのは、ストレス、筋力不足、食生活の乱れ、薬の飲み過ぎ、冷房の悪影響などです。

またシャワーだけで湯船につからないのも冷えの原因になるでしょう。

ストレスはあまりに強い状態が長く続くと、血管が収縮した状態が長くなり血液の流れが悪くなり、低体温になります。

食生活では水分を取りすぎると体が冷え、排泄が悪くなりむくみます。

また食べ過ぎも体を冷やし、お菓子やファーストフードの普及で油脂類の過剰な摂取が増えました。

南国産の果物なども体を冷やしますので、むくみ解消のためには食べ過ぎないことが大切です。

体を温める食品を積極的に摂りましょう。

北方産の食べ物が良く、赤身の肉や魚、チーズ、卵、黒豆、根菜類、ねぎ類が体を温める食品です。

お酒なら日本酒、赤ワイン、紹興酒、ブランデーが体を温めます。

また、カーフ・レイズという運動が、脚の血流を良くしてむくみ解消に役立ちます。

その運動は以下の通りです。

脚を少し開き、腰に両手をおいて、目線をまっすぐにして姿勢よく立ちます。

息を吸いながら3~4秒かけてゆっくりとかかとを上げて、つま先立ちになります。

そのあと息を吐きながら、かかとを下していきます。

これをセットで5~10回行います。

食事療法と運動でむくみを解消しましょう。

(京都府   ピンクパンダさん)




脚のツラいむくみにはオイルマッサージがおすすめ

脚がむくむと見た目も気になっちゃうし、重くて気になっちゃいますよね。

私も仕事がら毎日歩いたり立ちっぱなしの日も多いのですが、「今日は脚が疲れたな」って思ったときは、お風呂上がりにオイルマッサージをやっています!

やり方は簡単。

オイルを塗って、自分が気持ちいいと思う部分をマッサージするだけ。

本なんかを見ると正しいマッサージのやり方も書いてありますが、いちいち見ながらやるのも面倒くさいので、テレビを見たりしながら気軽にやるのが私のやり方です。

オイルは好きで旅先で買ったりもするのですが、家にはホホバオイル、ココナッツオイル、ブレンドされたオイルなんかがあります。

これを日によって気分で使い分け。

最近のお気に入りはグアムで買ったココナッツオイルです!

なんといっても香りが最高。手にとって脚に伸ばすだけで、その南国な香りに癒されてしまいます。

私は足の裏から膝のあたりまで広くオイルを塗り広げます。

足の裏は、手をゲンコツにして、中指だけ指の関節を立たせてスリスリ。

土踏まずのあたりを重点的に刺激すると効きますね。

ふくらはぎは両手を使ってまずはぞうきんしぼりの要領でしぼります。

それから足裏と同様、中指の関節を立てたゲンコツで下から上へ擦り上げます。

最後に膝の裏をゲンコツでグリグリ。

そんな感じで、時間にすると10~20分でしょうか。

時間も基本的にやりたいだけ。

むくみがキツいときは、香りのないホホバオイルにむくみ解消の効果があるローズマリーのエッセンシャルオイルをプラスしてあげたり、ストレス溜まってるときはラベンダーのエッセンシャルオイルをプラスしたりして楽しんでいます。

(埼玉県 コマさん)




サブコンテンツ